美容室でもマスクを取らないニューノーマル

2020/12/25

美容室の工夫に関心した話

12月に入って、新型コロナ感染者が急増・・。
もはや、自分のためにも周りのためにも、めったなことではマスクを取れない状況になってしまいました。
マスクがスタンダードになって以来、化粧品の売り上げが伸び悩んでいる「特に口紅とチーク!」とのことらしいけど(上記画像参照)、わが身を振り返ってみてもまったくその通り。口紅はつけないしチークも付けなくなりました。だってどうせマスクに隠れるし、マスクについちゃうだけだもんね。
すっかり、ずぼら女子(おばちゃん)の便利グッズになり下がっているマスク。

マスクという難を隠せる便利グッズにかまけて、なんとなく美容室に行くのも先延ばしにしがちになっておりましたが、このぼさぼさ頭で年を越すのもどうかと思い、久々に美容室に行ってみると・・・
なんとマスクを取ることなくカットもシャンプーもやってもらえました。
フェイスラインも見えずらい中ちゃんといい感じに仕上がるのか??という素人の心配をよそに、プロはマスクなどものともせずにすばらしい腕前でカットを仕上げてくれました。
まあカットはできるとしてシャンプーは?まあ、耳の裏のひもが濡れるくらい気にしないけどね・・と思っていると、顔に水がかからないように布をかけてくれた後に、丁寧にマスクのひもを耳から外し、マスクがずれないようにテープでひもとマスクを顔にはりつけてシャンプーをしてくれたのでした。
これはまさに・・・ニューノーマル!

断りもなくマスクを取るのもはばかられるので指示があるまでマスクを着けたままにしている客と、仕事はやりづらいがリスク回避のためにはマスクを取ってほしくない店側。
マスクを取らなくてもよい洗髪というニューノーマルに触れ、感心しきりの2020年年末なのでした。

さて、ヨコスカイチバン登録店も様々な工夫で感染症対策を行い、ニューノーマルに対応しています。
コース料理も大皿ではなく小皿に分けてだしてくれたり、一人づつの鍋を用意していたり、おしぼりと共に消毒用のアルコールをお持ちしたり・・・
ぜひ、当サイトのニューノーマル対応店特集(飲食店)でご確認下さい。
飲食店以外のニューノーマル対応については、2021年度版ショップガイド(2021年3月末発行予定)にご紹介予定です。おたのしみに!
<SU>

ニューノーマル対応店特集はコチラ

▲ TOP